生花のブーケと造花のブーケの大きな違いは

>

拘っても良し、そうでなくても良し

拘る理由

一概に生花が絶対に良いとは言えません。
どのシチュエーションで使うかなど用途によっても評価が違いますね。
ですが、生花にはやはりみずみずしく、生き生きとした活性感があります。
また、手を触れた時の感触や香しさに包まれて本物を味わう贅沢な雰囲気に浸れます。
生花に拘る人は、自然の産物である花の持つエネルギー、生きているパワーを感じるのですね。
事実生花は受け取った時の蕾は素敵な花瓶にさせば、日々変化があり、やがて大きな美しい花を咲かせて喜びを与えてくれます。
場面によって造花選びも選択肢には十分ありますが、男性から女性へ愛の証としてのプロポーズブーケはやはり気持ちとしては多くの女性は生花を選ぶことでしょう。

ブーケとしての生花の保存

ブーケで生花を選ぶ人はめでたい結婚式やイベントで、生花の発するオーラを感じたいのではないでしょうか。
しかし美しさの宿命か、ウェディングブーケにしろ記念日のプレゼントにしろ、生花は保存ができなく枯れてしまうのですね。
しかし残念に思っている人もご安心を、色々な加工技術で現状と変わらない美しさで残すこともできます。
保存加工の方法も色々あります。
ボトルブーケといって、ブーケの一部の花を切り取って加工するものですが、保存期間は10年ほどです。
咲いたままの状態なのが魅力ですね。
押し花加工はまるで絵画の様に美しくインテリアとして新居のお部屋でも映えるものです。
またアイスフラワーと言ってベルギー生まれの加工方法があります。
真空凍結で花をマイナス30度から50度で凍結させるので色も香りもそのままの奇跡の花とも言われます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る